2020年9月

日常の様子

photo01
photo02

落ちているどんぐりを発見! 0歳児は園庭で砂あそびや探索を楽しめるようになりました。

photo03
photo04

1歳児はパン粉粘土や寒天で、感触あそびを楽しみました。もちもちの粘土やプルプルな寒天を、ちぎったり握ってみたりして夢中で楽しんでいました。

photo5
photo06

2歳児は、園庭にある大きな葉っぱがついた長いツルであそびました。「おおきなかぶ」のお話のように、「なかなか抜けないね~」「誰か呼んでくる!」と友だちを連れてきて、みんなで力を合わせて引っ張っていました。

3歳児クラスの様子

photo07
photo08

3歳児クラスでは、片栗粉を使ってあそびました。水を入れてスライムを作り、不思議な感触を楽しんだり、食紅で好きな色を付けたりして、ヨーグルトやアイスクリームを作りました。

4歳児クラスの様子

photo09

子どもたちが話し合いで決めた具材をトッピングして、ピザトーストを作りました。

photo10

好きな具材を選んで乗せたピザトーストは、とても美味しく満足そうにしていました。

5歳児クラスの様子

photo11
photo12

ドミノに書いてある点の数をかぞえて、数字ごとに並べてみました。長くなっていくドミノを見て、「ピラミッドのようだ!」と喜びながら何度も数をかぞえて楽しんでいました。

異年齢保育

photo13
photo14
photo15
photo16

3,4,5歳児クラスでは、異年齢チームのカラーごとに手形を押してみんなで大きな旗を作りました。「ツメタイ!」「キモチイイ!」と絵の具の感触を味わいながら、子ども同士顔を見合わせ笑い合いながら作っていました。そして最後に、5歳児が文字を描き完成です。旗を作ったことで、子どもたちは来月のスポーツフェスティバルを心待ちにしています。

TOP