2020年8月

日常の様子

photo01

0歳児は、部屋のテラスで水あそびをしています。水の冷たさと心地良さを感じながら、毎日夢中になって楽しんでいました。

photo02
photo03

1歳児は氷あそびをしました。色々な形をした氷に触れてあそんだり、色水で作った氷を使って画用紙に絵を描いたりして、暑い夏ならではのあそびを楽しみました。

photo04
photo05

2歳児は、寒天あそびをしました。初めは指でツンツンと触っていた子どもたちでしたが、次第に握って潰したり、カップに入れてかき混ぜたりしてダイナミックにあそんでいました。テーブルいっぱいに寒天を広げて、夢中で楽しんでいました。

photo62
photo07

3歳児は染め紙あそびをしました。8色の色水から好きな色を自由に組み合わせて折った半紙を染めてみました。色水が半紙に染み込んでいく様子を興味津々に見つめ、最後にドキドキしながら半紙を広げると、とてもキレイな柄が出来ていました!「花火みたい!」「おさかなみたいな形があるよ!」と大喜びでした。

photo08

4歳児はプールあそびに向けて、ペットボトルでオリジナルのじょうろを作りました。

photo09

たくさんお水を入れ、「いっぱいでてきたよ」と友だちと比べたり、見せ合ったりして楽しくあそんでいました。

カレー作り

photo10
photo11

5歳児の子どもたちが大事に育てた人参、じゃがいも、玉ねぎを使ってカレーライスを作りました。隠し味には、りんごを入れて、最後には星形やハート型のチーズをトッピングしました。 「いちばん、おいしい!」と何度もおかわりをしていました。

キャンプごっこ

photo12
photo13

子どもたちから「キャンプをしたい!」という意見が出たので、テントを作ることにしました。どんなテントにするか絵を描いたり、模型を作ったりしながら、話し合いを重ねました。テントが崩れて失敗する時もありましたが、「違う作戦で行こう!」と友だちと励まし合っていました。

photo14
photo15
photo16
photo17

できあがった、たいよう村のキャンプ場に、年下の友だちを招待しました。一緒にBBQをしたり、スイカ割りをしたり、プロジェクターで映し出された星を触ったりして楽しい時間を過ごしました。

TOP